緊急地震速報
1. 概要
1.1 開発の歴史
1.2 法的な位置づけ
1.3 緊急地震速報の改善
2. 仕組み
3. 速報時の対応
3.1 現段階での具体的対応
3.2 速報の積極的活用
4. 速報の種類
4.1 「高度利用者向け」緊急地震速報
4.2 「一般向け」緊急地震速報
5. 利用形態
5.1 テレビ放送・ラジオ放送
5.2 衛星データー放送
5.3 施設・広域放送等
5.4 携帯電話
5.5 ラジオ受信機
5.6 パソコン、インターネット
5.7 インターネット端末
5.8 マンション用インターン
6. 「一般向け」速報発表事例
7. 問題点
7.1 タイムラグ
7.1.1 震源に近く揺れが大きい地方では速報が間に合わない場合がある
7.1.2 情報の処理に伴うタイムラグ
7.2 地震観測網の過疎地域で発生する地震
7.3 速報に伴う混乱
7.4 予測の誤差
7.5 誤情報
7.6 利用者の周知
7.7 その他

*wikipediaより参照

TOP