緊急地震速報(携帯電話)
  • 携帯電話ではNTTドコモauKDDI沖縄セルラー電話)およびソフトバンクの端末で緊急地震速報を受信できるようにするため、配信システム・基盤をそれぞれ開発し、2007年発売の新機種からの受信機能が搭載された。 [26] [27] [28]

    2009年8月11日 ... 緊急地震速報静岡沖で地震発生。強い揺れに備えて下さい(気象庁) という速報がNTTドコモ、au対応機種で初めて通報された。

    • NTTドコモ

    NTTは2007年11月26日より順次発売のFOMA 905iシリーズ全機種、及び2008年2月より順次発売予定のFOMA 705iシリーズFOMAハイスピード対応の一部機種から搭載し、無償で提供する「エリアメール」サービスを12月10日からスタートした[29] [30]

    • au

    auは2008年1月9日から順次発売の2008年春モデルの大半の機種[31]から搭載し、2008年3月25日から無償で提供する緊急地震速報サービス(Cメールを使用)をスタートした[32]

    • ソフトバンクモバイル

    ソフトバンクは2007年5月30日、[33]他社と同様の緊急地震速報配信システムの開発を表明した。このとき、提供時期は「2008年度中」とアナウンスされた[34]。最初の対応端末は、2009年5月19日に発表された831Nで、サービス開始時期は「今秋」とアナウンスされた。[35]。2009年9月18日に831Nが発売された際、サービス開始時期は「2009年11月下旬以降」と発表された。[36]ことのき、2009年11月下旬?12月末の対応エリアは、佐賀, 長崎, 熊本, 宮崎, 鹿児島の九州5県と発表され、対応エリアは2010年以降順次拡大され、2010年5月末まで半年かけて全国にエリアを広げるとされた[37]

    ところが、2009年10月27日、当初のサービス提供エリアを、長崎, 熊本, 宮崎, 鹿児島の4県に縮小するとの発表があった[38]。さらに、予告されていた開始予定時期の直前の2009年12月24日になって、九州4県でのサービス開始も撤回された。サービス開始時期は当初予定から一年遅れの「2010年夏以降」に再延期するとの告知がなされた[39]。サービス提供エリアについても白紙撤回された。なお、2009年12月現在も対応端末は831N一機種のみに限られている。


*wikipediaより参照

TOP