緊急地震速報(インターネット端末)
  • パソコンだけでなく、NTTのフレッツ回線に接続された専用端末でも提供されている。フレッツ回線はIPv6に対応している事が必要である(BフレッツとフレッツADSLはIPv6付加サービス申し込みが必要)。

    速報サービス提供事業者として、NTTコミュニケーションズが提供する「緊急地震速報 フレッツタイプ」サービスの利用が必要である。発報時には、IPv6マルチキャストにより端末までデータを送信するとしている。

    「緊急地震速報 フレッツタイプ」の受信に対応した端末は、2010年現在で次のものがある。[45]

    • NTT東日本 ひかり電話ルータ (無線LANタイプ) ※東日本だけ提供
    • NTT東日本・西日本 緊急地震速報受信端末 DW-100
      2008年11月20日発売。
    • 三洋電機 TEL-LANW60 家庭用電話機[46]
      2008年6月20日発売。「高度利用者向け緊急地震速報」が利用できる。また、「緊急地震速報メール通知」機能により、設置されたTEL-LANW60が演算し緊急地震速報を発報した際には、あらかじめ登録された3件までのメールアドレスに、「震央地名」「(本機の設置場所の)到達予測日時」「(本機の設置場所の)予測震度」などの緊急地震速報を通知する機能がある。
    • NTT東日本・西日本 フレッツフォン VP1000、VP1500 ※西日本だけ販売中


*wikipediaより参照

TOP