製品案内

緊急地震速報配信システム Newキャスターシリーズ

気象庁からの緊急地震速報をインターネット回線・モバイル放送のどちらでも受信ができます。
大切な情報を早く・正確に必要な場所、必要な人にLAN回線や電力通信方式でお知らせするシステムです。
マニュアルなどで定められた避難行動により、地震被害の減災に活躍いたします。

【特長】
1:緊急地震速報の地震発生情報をカウントダウン音声か、合成音声のどちらかを決められてるサイン音と共に大きな音と強い光でお知らせします。震度を表示する事も可能です。
2:機器の稼働状況をNewキャスターシステムの死活チェック機能が遠隔監視しており、信頼性の高い機能を採用しております。ご希望により設置場所での定時刻案内や、模擬信号を出す事も可能です。
接続は、LAN環境かモバイル放送が必要です。
3:Newキャスターには、緊急地震情報制御端子を用意しておりますので、回転表示灯・サイレン・放送設備起動等の避難誘導機器への制御も可能です。

緊急地震速報配信システム Newキャスターシリーズ-緊急地震速報 地震災害 直下型地震対策

NewキャスターLシリーズ製品仕様
製品名称 NキャスターN0 NキャスターN1 NキャスターSO NキャスターL NキャスターLR
型 式 RC-N0 RC-N1 RC-501 RC-L RC/RB-500
音声出力方法 外部出力 スピーカー内蔵 合成音声
地震発生通知音 震度階とカウントダウン 接点出力のみ 合成音声メッセージから選択
震度表示方法 17インチモニター
震度情報入力 装置設定場所位置・地盤情報・発報震度設定 コントローラー情報に準ず


通信方式 電力回線
震度階出力 1点
放送連動
入出力 入出力3


震度階出力 1
制御出力 最大3
音声方式 合成音声メッセージ
通信距離 同一給電ライン内

TOP

モバイル放送による受信機

モバイル放送による受信機-緊急地震速報 地震災害 直下型地震対策
本体1.3kg、スタンド185g、W150×D50×H120(mm)

外部やユビキタス環境での受信機として、モバイル放送用の受信機を用意しております。
GPSを搭載し、自動で位置情報を合わせ、その場所の地盤情報で演算を行います。

TOP

音声監視制御BOX

音声監視制御BOX-緊急地震速報 地震災害 直下型地震対策
[BC-500]
BC−500は、接点入出力情報の制御、及び音声出力用ジャックを設けた装置です。
通常の接点入力のほかにAC100V電源の通電監視が行え、様々な防災システムやセキュリティ用途へ柔軟に対応する事が可能な製品です。
【特長】
*ネットワーク上からの制御
RPCソフト連動してネットワーク上より、接点出力や音声データの転送を行う事ができます。
*通電監視
AC100入力の通電監視をすることができ、災害時の停電監視などに活用できます(インターネット回線環境下で)
*2つのアプリケーションを標準搭載
1:音声情報信号転送アプリケーション
音声転送及び接点制御を行います。接点制御は別々のコネクションにて行い、接点は音声信号で制御可能です。
2:接点監視コマンドアプリケーション
回路上にタイマー機能を設け、外部機器の制御出力を無接点・有接点いずれの選択も可能。設定値の変更を行う事が可能です。
*ユーザーアプリケーションの組み込み可
合成音声基盤を搭載することで、ユーザーアプリケーションの合成音声配信が可能となります。
*壁掛け可能
壁掛け用アタッチメントを接続することで、装置を平面にネジ止め固定する事ができます。
仕 様
接点入出力 リレー出力 c接点リレー出力×1点 AC125V 1A/DC30V 2A(抵抗負荷)
オープンコレクタ出力 フォトカプラ絶縁オープンコレクタ出力×1点 DC30V 50mA
音声出力 アンプ出力1w スピーカー85db
電源電圧 DC15V±5%(ACアダプタ付属)
消費電流 80mA(DC15V時)
動作温度 0〜40℃
外形寸法 170×2000×60mm
重量 1,400g
※外観・仕様につきましては、改良などにより予告なく変更する場合があります。

[付属品]
・Φ6音声ケーブル1m 1本
・放送装置接続アダプター 1個
・音声混合装置 1基
・取扱い説明書

TOP

接点監視制御・配信装置

接点監視制御・配信装置-緊急地震速報 地震災害 直下型地震対策
[R-500]
R−500は、インターネット回線により入出力情報の監視・制御、及びRS−232Cの通信データの転送をTCP/IPネットワーク上から行うための装置です。
通常の接点入力のほかに、AC100V電源の通電監視が行え、ユーザアプリケーションによるカスタマイズにより様々な防災システムやセキュリティ用途へ柔軟に対応する事が可能な製品です。
【特長】
*ネットワーク上からの地震震度情報制御
TCP通信にてネットワーク上より、接点入力の監視、出力の切り替えやRS−232C通信データの転送を行う事ができます。
*インターネット接続監視
機能を搭載することにより、遠隔で通電監視をすることができ、災害時の停電監視等に活用できます。
*2つのアプリケーションを標準搭載
1:信号転送アプリケーション
TCPコネクション(サーバ、クライアント)にてシリアルデータ転送及び接点の監視・制御をRPCソフトと連携して行います。
2:接点監視コマンドアプリケーション(CmdCl)
専用コマンドにて1コネクションの通信で接点監視制御、シリアルデータ転送、設定値の変更を行う事が可能です。
*リモート監視機能
信号転送アプリケーションを使用してサーバ/クライアント接続させることで、リモート監視機能(接続されてる機能の状態変化をもう一方の装置へ反映させる機能)を実現できます。
仕 様
システムコントロール部 CPU 1MB/F5B 533MHz
メモリ 512Mbyte
ハードディスク 40Gbyte
伝送媒体 1000BASE-T、100BASE-T対応
コネクタ モジュラコネクタ:RJ-45型(カテゴリ5対応)
シリアルインターフェース 電気的特性 EIA-232C準拠
外部出力 有接点1点
無接点出力1点
電源電圧 DC19V±5%(ACアダプタ付属)
消費電流 22W(DC19V時)
動作温度 0〜40℃
外形寸法 195×195×75mm
重量 2.2kg
※外観・仕様につきましては、改良などにより予告なく変更する場合があります。

[付属品]
・LANケーブル 2m   1本
・音声信号ケーブル 1m  1本
・取扱い説明書

TOP

制御機器

無電圧接点やHA対応の端末の制御用として、Newキャスターコントローラーがあります。
RPCとの組み合わせもできますが、制御だけでしたら単体でネットワーク上で動作します。

□ 直接電流を遮断し、熱源等を止めます
□ 夜間の避難路の照明を点灯します
□ 内管の遮断弁により、ガスの供給を止めます
□ HA対応の家電を制御します
□ SWやセンサーを利用し、ローカルで信号を出力します
□ 通信により、各種メーターの制御・計測をします

制御機器-緊急地震速報 地震災害 直下型地震対策

TOP

表示と音声

表示及び音声出力用としては、以下のものがあります。

表示と音声-緊急地震速報 地震災害 直下型地震対策
【RPC】
ユーザの持つインターネット環境を具備したPC上に、インストールする緊急地震速報の受信用ソフトウェアです。
ブラウザから使用する住所の郵便番号を入力することにより、緯度経度のパラメータが自動でインストールされ、プラグイン感覚で、使用可能になります。
表示と音声-緊急地震速報 地震災害 直下型地震対策
【RPDA】
上記RPC用のソフトウェアの機能を携帯用端末で実現したものが、RPCです。
表示やカウントダウン等はRPCと同様です。
無線のルーターを利用し、24時間家庭内の色々の居室で利用できます。

TOP