地震災害(1.1 揺れの大きさ)

揺れが大きいほど被害が大きくなる。揺れの強度は基本的に 地震自体の強さ、震源からの距離、地盤の構造によって決まる。地震自体の強さはマグニチュードで示される。マグニチュード8クラスの地震を一般に巨大地震と呼び、震源地から数百kmの広い範囲で大きな被害が出る。1923年に発生した関東大震災はマグニチュード7.9の巨大地震だったが、東京府・房総半島・神奈川県・伊豆半島の全域が震度6の激震に襲われた。マグニチュード7クラスの地震でも震源が地下の浅いところにあれば震源周辺に激甚な被害を与える。1995年阪神・淡路大震災はマグニチュード7.3で、震源に近い神戸市や阪神間に大きな被害を与えた。

大きな地震があったとき、わずか数十〜数百m隔てた場所で被害が大きく違うことがある。これは地質構造によって揺れ方がかなり違うことが原因。すなわち地下の浅いところに硬い岩盤があるような場所では揺れは比較的小さいが、砂や粘土が厚く積もった場所では揺れが大きくなる。同じ原理で、谷間を埋め立てた造成地も揺れが大きくなる傾向がある。日本全国の揺れやすさについては国土省が調査した結果が公表されている。上図参照。大河の河口周辺の沖積層では、震度が1ポイント近く高くなる(赤く表示されている範囲)ことが想定されている。

揺れの大きさを表わす単位に、振幅、加速度(ガル)、震度がある。振幅は揺れ幅の大きさを、加速度は揺れの速さを物理的に示す。震度は以前は人間の感覚で評価していたが、1996年以後計測震度計により自動的に観測されるようになった。

*wikipediaより参照

TOP