直下型地震対策(4 地震の原因と種類)

通常の地震は、既存の断層が動くこと、あるいは新たに断層が生じることが原因で起こる。
地震の際に動く断層は1つとは限らず、大きな地震では震源に近い別の断層(共役断層)が
同時に動くこともある。火山活動に伴う地震を火山性地震と呼ぶが、これには断層と関係が
無いものも多く、通常の地震とは分けて考えることが多い。

地震を地下構造とプレートテクトニクスの観点から見た場合、大きく3種類に分けられる。
呼び方はそれぞれ複数ある。

1.プレート同士の境界部分で発生する地震(プレート間地震、プレート境界型地震、
海溝型地震)
さらに「海溝型地震・衝突型境界で起こる地震・発散型境界で起こる地震・トランスフォーム
断層で起こる地震」の4つに細分される。

2.大陸プレートの内部や表層部で発生する地震(内陸地殻内地震、大陸プレート内地震、
断層型地震)

3. 海洋プレートで発生する地震(海洋プレート内地震、スラブ内地震、プレート内地震)
さらに「沈み込む海洋プレート内地震」、沈み込んだ海洋プレート内地震(深発地震)」の2つに
細分される。
プレート間地震の対軸として、内陸地殻内地震と海洋プレート内地震をあわせてプレート内地震
という1つの大カテゴリーに当てはめることもある。また、火山性地震を含めて4種類とする場合
もある。

火山性地震
火山体周辺における断層破壊によって生じP波とS波が明瞭なA型地震、
P波とS波が不明瞭で紡錘型の波形を生じるB型地震に大別される。

人工的な発破の振動などにより発生する人工地震も存在する。これに対して、自然に発生する
地震を自然地震と呼ぶことがある。
地震を防災上の観点から分類した場合、直下型地震(内陸地震)、海洋型地震などに
分けられる。直下型地震のうち、南関東直下地震などの都市直下型地震は防災上特に重要視
されている。
また、地震動が小さい割に大きな津波が起こる地震を津波地震という(例:1896年の明治三陸
地震 M8.2、最大震度2〜3)。深発地震は深さによる分類、群発地震は地震の継続パターンに
よる分類である。
逆断層型、正断層型、横ずれ断層型といった分類は、断層型地震(内陸地殻内地震)にのみ適用される考え方ではなく、ほとんどすべての地震に適用される。これは、地震の際にずれ動く面は
上記の分類に関係なく「断層」と呼ぶためである。海溝型地震は逆断層型、海嶺などで起こる
地震は正断層型が多い。内陸地殻内地震は地下の応力場によってさまざまなタイプがみられる。   


*wikipediaより参照

TOP